« スクエア・エニックス PLAY ARTS改 METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN ヴェノム・スネーク スニーキング スーツver. | トップページ | native 中原 巴 ~誘宴~ »

2015年9月22日 (火)

スクエア・エニックス PLAY ARTS改 METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN 燃える男

Dsc01488

スクエア・エニックス PLAY ARTS改 METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN 燃える男のレビューです。

▼【製品概要】 

  作品名   ◆ 「METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN」
  スケール  ◆ NONスケール(約W120mm×D66mm×H290mm)   
 商品形態 ◆ 塗装済み完成品    
 価格      ◆ 13,180円(税込) 

メタルギアシリーズ最新作『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN』より。
全身が炎に覆われた謎の男。スネークが目覚めた病院を襲撃して以降、スネークを執拗に狙う。

▼【パッケージ】

Dsc01432_2Dsc01433Dsc01434Dsc01435

パッケージサイズはヴェノムスネークと変わらず。厚みも同じ。

▼【内容】

Dsc01436Dsc01437

本体、交換用胸パーツ、交換用腕炎エフェクトパーツ×3、付け替え手×4、台座

▼【全体】

Dsc01438Dsc01439Dsc01440Dsc01441Dsc01442Dsc01443Dsc01444Dsc01445

関節部が目立ちますが、筋肉質なボディラインや焼け爛れたスーツなど再現度はかなりのもの。

▼【詳細】

Dsc01446Dsc01448Dsc01449Dsc01450

全面がマスクで覆われており、光る眼と鼻以外は一切判別できないという不気味な雰囲気の頭部。
マスクの焦げ跡やヒビ、頭部に散らばりへばり付いた薬莢など細部まできっちり再現。

Dsc01452Dsc01453Dsc01454Dsc01456Dsc01461Dsc01463

スーツの皺や筋肉の盛り上がりなど、ボリュームのある筋肉質なボディをきっちり再現。
左肩から斜めにかけた弾帯の名残や黒く焼け焦げた跡など、細部も文句なしの出来。そしてお尻周りが無駄にセクシーw

Dsc01457Dsc01459Dsc01458Dsc01460

肩周りはかなり盛り上がっており、ボリュームが凄いことに。
肩から下は炭化しているのか、ひび割れが指先までびっしりと入っています。

Dsc01464Dsc01467Dsc01466Dsc01468

ピッチリとした上半身とは違い、こちらはアーマーといった感じの足回り。
こちらも焦げ跡やひび割れの他、傷や弾痕などが至る所に。

Dsc01469Dsc01470Dsc01471Dsc01473Dsc01474Dsc01475_2Dsc01476Dsc01477

シンプルなデザインで阻害されることがない為、首や腰回りの可動は優秀。
ただ足首の可動はかなり悲惨で接地性は最悪。太腿のロールなどで微調整してなんとか自立出来ている状態。

Dsc01478Dsc01479_2

上半身と肩のリングを炎のエフェクト付きに交換。手首も専用のものが付属。
上半身のスーツは頭部と肩を引き抜いてから取り付けるのですが、かなり固いので交換するのは一苦労。

Dsc01480Dsc01481Dsc01482Dsc01483Dsc01485Dsc01484

炎のエフェクトはクリアパーツで再現。グラデーションもあってかなり派手な見た目に。
炎を持った手首は右のみですが、銃弾を持った手首は左右分付属しています。

Dsc01495

高さはスネークよりやや高いくらいですが上半身にかなりボリュームがある為、一回り大きいように見えます。

▼【ギャラリー】

Dsc01489_2

『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN』より、燃える男。

Dsc01491

序章『覚醒』の病院襲撃で初登場。その正体は発売前から予想されていた“あの男”のなれの果て。

Dsc01492

発火による銃弾飛ばしやヘリすら撃墜する炎弾など、かなりの異形っぷり。

Dsc01494

魂EFFECT BURNING FLAME RED Ver.を使って対峙シーン。

Dsc01493

正体が判明するSIDE OPS「燃え尽きた男」。まさかスネークに対する報復心がここまでとは・・・。

Dsc01490_3

以上、スクエア・エニックス PLAY ARTS改 METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN 燃える男のレビューでした。

▼【評価】

『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN』より、ヴェノム・スネークの前に立ちはだかる燃える男が立体化。
接地性の悪さがかなり目立ちますが、プロポーション自体はかなりよく、
序盤から印象的だった炎のエフェクトや銃弾付き手首もついてくるので、プレイバリューは申し分なし。
スネークと直接対決する数少ないボスということもあり、スネークと絡めるにはもってこいなのでゲームをプレイしている方にはオススメ。
炎の男と行動を共にする第三の子供も発売が決定したので、是非一緒に並べて飾りたいところです。

|

« スクエア・エニックス PLAY ARTS改 METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN ヴェノム・スネーク スニーキング スーツver. | トップページ | native 中原 巴 ~誘宴~ »

その他玩具・フィギュア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91246/62333521

この記事へのトラックバック一覧です: スクエア・エニックス PLAY ARTS改 METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN 燃える男:

« スクエア・エニックス PLAY ARTS改 METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN ヴェノム・スネーク スニーキング スーツver. | トップページ | native 中原 巴 ~誘宴~ »