« カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデル 轟竜 ティガレックス | トップページ | Max Factory セブンスドラゴン2020 初音ミク TYPE2020 »

2014年4月 6日 (日)

アルター 境界線上のホライゾン 鹿角

Dsc08223

アルター 境界線上のホライゾン 鹿角のレビューです

▼【製品概要】 

  作品名   ◆ 「境界線上のホライゾン」
  スケール  ◆ 1/8(全高:約250mm※台座含む【鹿角】/全長:各約400mm【アスファルトの大剣】)
 商品形態 ◆ 塗装済み完成品    
 原型製作 ◆ 無銘
 価格      ◆ 12,000円(税抜)

本多家付きの侍女型自動人形で、三川の自動人形頭。
松平四天王の一人・本多忠勝の妻の遺品を核とし、姿も亡き妻に似せて作られている。
他の三川自動人形とは違い、角型感覚器が付いているのが特徴。
性格はドライで毒舌。主である忠勝に対しても容赦はないが、他の者が忠勝の悪口を言うのは許せないらしい。
忠勝の娘・二代に対しては母代りであると同時に師匠でもある。
三征西班牙の武神・猛鷲(エル・アゾゥル)相手に重力制御を用いた剣や銃で渡り合うなど、武術にも秀でている。
元信公による三河消滅の際、自らの身体を使って悲嘆の怠惰の発射を阻止し消滅する。

▼【パッケージ】

Dsc08131Dsc08132

ウインドウ周りは作品に合わせて表示枠のデザイン。裏には鹿角のスペックが記載されています。
サイズはアルターの中でもかなり大きめの部類。横幅はそこまでではないのですが、奥行きがあります。

▼【内容】

Dsc08133Dsc08134

本体・台座・交換用左腕・エフェクトパーツ*3・支柱*2・大剣*2・台座*2

▼【全体】

Dsc08135Dsc08136Dsc08137Dsc08138Dsc08139Dsc08140Dsc08141Dsc08142

第5話「月下の卒業者」にて猛鷲相手に一騎当千の戦いを魅せた鹿角を、躍動感溢れるポージングで立体化。
1/8ということもあり、本体自体はこじんまりと纏まっていますが、体の捻り方や衣装の動きなど非常に見応えがあります。

▼【詳細】

Dsc08154Dsc08149Dsc08150Dsc08156

デコマスと比べると口元がややぽやっとした可愛らしい感じになっていますが、
アニメ準拠なので特に違和感はなし。

Dsc08157Dsc08158Dsc08159Dsc08160

細かな髪の造形は申し分なし。角型感覚器や背面の兜?なども丁寧に作り込まれています。

Dsc08161Dsc08162Dsc08163Dsc08164

意外に豊満なバストをお持ちな鹿角さん。ピッタリと貼り付いた侍女服の為、身体のラインがはっきり出て妙にエロいです。

Dsc08165Dsc08166Dsc08167Dsc08168

極東服の各部分もしっかり再現。各種アタッチメントはもちろん、IZUMOのロゴもしっかりプリント。

Dsc08170Dsc08171Dsc08173Dsc08174

肩周りのフリルや袖口もしっかり中まで抜いてあって造形面は問題なし。
左腕は突き出したものに(肩ごと)交換可能。

Dsc08175Dsc08176Dsc08179Dsc08180

自動人形と言えばやはり重力制御!ということで、重力制御エフェクトパーツも付属(右手用*1、左手用*2)
指の間に被せる形で、外れやすいこともなかったです。

Dsc08182Dsc08181Dsc08183Dsc08185

ロングスカートで露出は全くないのですが、こちらもぴっちり貼り付いている為、お尻周りなどに妙なエロさが。

Dsc08186Dsc08187Dsc08188Dsc08189

ブーツのような形状の足。塗装のはみ出しもなく、丁寧に作られています。

Dsc08192Dsc08193Dsc08190Dsc08191

台座は猛鷲戦をイメージしたアスファルト。踏み砕かれたアスファルトや破片の質感が実に見事。

Dsc08195 Dsc08194

そして、この鹿角最大の目玉が重力制御で精製したアスファルトの大剣。
この大振りの大剣が二本付属している為、展示スペースが凄まじいことに(撮影スペースにも収まり切りません)

Dsc08197 Dsc08196Dsc08198Dsc08199

厳密にいうと最初の二振りはもう少し大きいのですが(この大きさだとどちらかというと再精製した4本版?)、それでも圧巻の大きさ。
専用アームと台座で展示が可能。アームはフレキシブルに動くので角度や高さなどかなり自由に調整できます。

▼【ギャラリー】

Dsc08208

「境界線上のホライゾン」より、本多家付き侍女型自動人形・鹿角が登場。

Dsc08205

重力制御用エフェクトパーツや、大剣などあのシーンを再現するのに欠かせないオプションはキッチリ付属。

Dsc08207

出番自体は少なかったものの、アニメ第5話「月下の卒業者」は屈指の名シーン。

Dsc08213

消滅の瞬間、自動人形から鹿角に戻ったり、忠勝の「もう分かたれるこたあねえよ」には何度泣かされたことか。

Dsc08215

ドライで毒舌というと終わりのクロニクルの八号やSfを思い出しますが、その辺の系譜でしょうか?

Dsc08217

隣に並べる為に、是非とも本多忠勝をアルタイル辺りから出してほしい所。

Dsc08219

台紙を使って撮影。台紙にこの風景を持ってくるあたり、わかってるなアルター。

Dsc08204

以上、アルター 境界線上のホライゾン 鹿角のレビューでした。

▼【評価】

「キャー鹿角サーン!」

ということで、遂に来ました!川上稔氏作のライトノベル『境界線上のホライゾン』より、侍女型自動人形・鹿角!
出番こそ少ないものの、忠勝とのやり取りはアニメでも原作でも屈指の名シーン。
ホライゾンや浅間、二代などのメインキャラは他メーカーでも立体化されていますが、まさか鹿角が立体化されるとは・・・。
猛鷲との激闘を繰り広げた鹿角を見事に再現し、オプション類も充実。
懸念されていたスペースも、前後に薄い点とアームの自由度でそこまで問題にはなりませんでした。
鹿角がここまで出来がいいと是非とも一緒に並べられる本多忠勝が欲しくなりますが・・・アルタイル辺りで立体化しませんかねぇ(チラッ

|

« カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデル 轟竜 ティガレックス | トップページ | Max Factory セブンスドラゴン2020 初音ミク TYPE2020 »

アルター/アルタイル」カテゴリの記事

スケールフィギュア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91246/59418778

この記事へのトラックバック一覧です: アルター 境界線上のホライゾン 鹿角:

« カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデル 轟竜 ティガレックス | トップページ | Max Factory セブンスドラゴン2020 初音ミク TYPE2020 »