« アートスピリッツ プレシャスコレクション 魔女と百騎兵 メタリカ&百騎兵 | トップページ | アルター 境界線上のホライゾン 鹿角 »

2014年3月29日 (土)

カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデル 轟竜 ティガレックス

Dsc05916

カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデル 轟竜 ティガレックスのレビューです。

▼【製品概要】 

  作品名   ◆ 「モンスターハンター」
  スケール  ◆ 約H200mm x W220mm x D190mm    
 商品形態 ◆ 塗装済み完成品
  原型製作 ◆ 大山竜
 価格      ◆ 7,800円+税

『MHP2nd』に初登場。飛竜種に分類されるが、飛行は苦手で歩行に特化した前脚を持ち、壁をよじ登ることも可能。
性格は非常に獰猛で好戦的。圧倒的な力と凶暴性から食物連鎖の頂点に君臨する正に“絶対強者”とも言うべき存在。
興奮状態になると体中に血管が浮き出て、動きが更に加速し手が付けられなくなる。
砂漠や雪山、更には起伏の激しい遺跡平原などの過酷な環境に生息している。
最大の特徴は大音量の咆哮であり、“轟竜”の名に相応しく衝撃波を伴ってハンターを襲う。

▼【パッケージ】

Dsc05852_3Dsc05854

パッケージはリオレウスやジンオウガなどと同じく標準サイズ。
ウインドウ周りや背面は、4の遺跡平原のようなデザインに。

▼【内容】

Dsc05859

本体のみ。今回は黒のブリスターに上から蓋をするという変わった形式に。

▼【全体】

Dsc05860Dsc05861Dsc05862Dsc05863Dsc05864Dsc05865Dsc05866Dsc05867

正に“絶対強者”の風格。流石は大山竜氏が原型を手掛けているだけあり、凄まじい迫力です。
壁を掴む力強い前脚や、ハンターに襲い掛からんとする身体の捻り方など非常に躍動感があります。

▼【詳細】

Dsc05870Dsc05869Dsc05871Dsc05876

惚れ惚れするような迫力のある顔。目も瞳孔にズレはなく綺麗な仕上がり。
個人的には顔の振り向きに合わせて、舌が少し右へ流れている点がポイント高いです。

Dsc05877Dsc05879Dsc05881Dsc05882

首回りから胴体にかけて。細かな甲殻や独特の模様もしっかり再現。
特に浮き出た肋骨周りの再現具合は凄まじいものがあります。ここから吐き出される咆哮は非常に脅威。

Dsc05886Dsc05888Dsc05890Dsc05891

飛竜種でありながら地上を走ることに特化した前脚。大地や壁を踏みしめる前脚の爪は迫力があります。

Dsc05893Dsc05896Dsc05892Dsc05898

Uターンや壁登りで体を支える為か、後脚もかなり発達しています。太腿の筋肉の盛り上がり方が非常にリアル。

Dsc05902Dsc05899Dsc05903Dsc05904

回転時に脅威となる尻尾。鋭利な甲殻に覆われ、先端も非常に鋭い形状となっています。
反面、裏側は剥き出しで柔らかそうな肉質になっており、節目や質感が非常に生々しい感じに。

Dsc05905Dsc05906Dsc05907Dsc05908

台座は遺跡平原をイメージしたものでしょうか?赤黒い岩が目を惹きます。

Dsc05909

手持ちのティガレックス達。左の二種はCFB、右は超造形魂とDXF。
ポーズや甲殻の色合いがかなり異なっているのがわかります。

▼【ギャラリー】

Dsc05914

轟竜・ティガレックスが遂に登場。“絶対強者”の名に相応しい、迫力のある動きと造形は正に大山竜氏ならでは。

Dsc05917

MHP2で初登場。“轟竜”の名の通り、その凶悪な咆哮と回転攻撃、Uターンには随分苦しめられた記憶が。

Dsc05918

MH3Gではお休みでしたが、4で復帰。OPムービーにも登場で大活躍!・・・の筈が無残な結末にw

Dsc05919

その分、ゲーム本編では原種・亜種に加え、狂竜化、更にはナルガクルガに続く希少種が登場と中々の高待遇。

Dsc05926

ジャンプ攻撃。ティガレックスは暴れやすいので、最初のうちは乗りを成功させるのが結構難しかったり。

Dsc05921

MGSPWでも登場していましたね。遠距離攻撃が岩飛ばしくらいだったので良い的だった気が。

Dsc05928

MH4のコンセプト映像で共演した“空の王者”と“絶対強者”。しかし、退化した飛竜種の翼の方が本家より迫力があるってどうなんだろう...

Dsc05911_2

以上、カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデル 轟竜 ティガレックスのレビューでした。

▼【評価】

前回のリオレイアから約1年経過しましたが、遂にティガレックスが発売。
原型はお馴染みの大山竜氏が手掛けているだけあって、クオリティに関しては文句なしの出来。
壁に手をかけ急ブレーキをかけた前脚や、ハンターの方に振り向いた頭や胴体の躍動感など、
正にハンターを狩るあのティガレックスの迫力を見事に再現しています。
続く亜種は5月に一般発売、希少種はハンターズショップなどで7月発売(e-capcomでは6月先行販売)予定となっていますのでこちらも楽しみ。
次弾は順当に行って4の看板モンスターのゴア・マガラでしょうか?と言っても、通常・狂竜・シャガルでは造形が異なるので望み薄ですが。
亜種・希少種がいるナルガクルガや錆Ver.が出来そうなクシャルダオラの立体化にも期待したいところです。

 

 

|

« アートスピリッツ プレシャスコレクション 魔女と百騎兵 メタリカ&百騎兵 | トップページ | アルター 境界線上のホライゾン 鹿角 »

スケールフィギュア」カテゴリの記事

モンスターハンター」カテゴリの記事

コメント

更新待っておりました!
やはりクリエイターズモデルは一味違いますね、頭部から背中、尻尾にかけての背中のラインが素晴らしい…
スルー予定でしたが欲しくなってしまいました(o^^o)

気になっていたのですが、書き出しのモンスターの生態というか説明は引用ではなく考えられたものなのですか?

投稿: ゴリラ | 2014年4月 1日 (火) 12時14分

早速のコメント有難うございます!最近モンハン関連のレビューをやっていなかったので本当に久々です。
クリエイターズは値段が値段だけあって造形や塗装もよく、その大きさからくる迫力も段違いですね。
今回のティガもかなりのものなのでお勧めですよ。

紹介文は完全なオリジナル・・・というわけではなく、いくつか攻略本等の書籍やサイトを見てチョイスしています。

投稿: 蘇芳(管理人) | 2014年4月 1日 (火) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91246/59377707

この記事へのトラックバック一覧です: カプコンフィギュアビルダー クリエイターズモデル 轟竜 ティガレックス:

« アートスピリッツ プレシャスコレクション 魔女と百騎兵 メタリカ&百騎兵 | トップページ | アルター 境界線上のホライゾン 鹿角 »