« グッドスマイルカンパニー 鏡音リン・レン・アペンド ねんどろいど 鏡音リン・アペンド&鏡音レン・アペンド | トップページ | アルター 朧村正 紺菊 »

2013年7月 6日 (土)

アルター 百花繚乱 柳生十兵衛

Dsc02046

アルター 百花繚乱 柳生十兵衛のレビューです

▼【製品概要】 

  作品名   ◆ 「百花繚乱」
  スケール  ◆1/8(全高:約220mm) 
 商品形態 ◆ 塗装済み完成品    
 原型製作 ◆ みらの
 価格      ◆ 8,190円(税抜 7,800円)

柳生 十兵衛 三厳(やぎゅう じゅうべえ みつよし)
過去の記憶が無く、主人公の宗朗を「お兄ちゃん」と呼んでいる。
普段は性格も言動も子供っぽいが、宗朗とのキスで剣豪・三厳の魂が覚醒する。

▼【パッケージ】

Dsc01977_2Dsc01978

このサイズが小さいと思える辺り、管理人はもうダメかもしれませぬ。パッケージデザインは他の百花繚乱キャラと同じような感じ。

▼【内容】

Dsc01979Dsc01980

本体・注連縄・台座

▼【全体】

Dsc01981Dsc01983Dsc01984Dsc01985Dsc01986Dsc01987Dsc01990Dsc01991

百花繚乱のキャラは、直江兼続に続いてこれで2体目。
さすがにぐつぐつさんと比べるとポーズは大人し目ですが、十兵衛らしい腰に手を当てた可愛らしいポーズです。

▼【詳細】

Dsc01996Dsc01997Dsc01995Dsc01994

アニメよりも原作寄りの顔でしょうか。Niθ氏のイラストの特徴をよく捉えたアイプリです。
薄らと引かれた唇のラインが色っぽい感じに。

Dsc01998Dsc01999Dsc02004Dsc02000Dsc02001Dsc02003

髪の造形は非常にシャープで、特徴的な赤色も綺麗に塗装されています。
前髪に留めた鍔や、印籠型の髪留めなど小物類も非常にクオリティが高いです。

Dsc02005Dsc02008 Dsc02006Dsc02007

巨乳というほどではないですが、程よい大きさと形のいいバスト。よく見ると先端ががが

Dsc02011Dsc02012Dsc02013Dsc02014

右腕に装着した手甲や注連縄も文句なしの出来。爪もしっかり塗り分けられています。

Dsc02015_2Dsc02016Dsc02017Dsc02018

ぐつぐつさん程ではないですが、十兵衛も後ろからだとお尻が丸見えに。
下着の食い込み方やお尻に肉感など素晴らしいクオリティです。

Dsc02020Dsc02026 Dsc02021Dsc02024 Dsc02022Dsc02023

背中の大きな注連縄や鼓。注連縄は捩れた部分の造形やざらざらした質感などかなりリアルに。

Dsc02027Dsc02030Dsc02028Dsc02029

太腿の注連縄に挿した大小2振の日本刀。柄や鞘、紐など細部まで見事に再現されています。

Dsc02031Dsc02035Dsc02032Dsc02036Dsc02033Dsc02034

注連縄で圧迫された太腿の肉感が何ともエロい感じに。甲掛や下駄の光沢も高級感があっていいですね。

Dsc02038Dsc02037

白の台座に金で描かれた花吹雪とタイトル。この辺は他のものと同じですね。

Dsc02039Dsc02040_2

直江兼続と並べてみたり。後ろから見ると二人とも凄いことに。

▼【ギャラリー】

Dsc02041

TVアニメ第二期も無事最終回を迎えた百花繚乱シリーズ。

Dsc02042_2

以前、欲しいと思った頃には既にどこにもなく...今回念願の再々販となりました。

Dsc02043

腰と頭に手を置いたポーズが非常に可愛らしい十兵衛。

Dsc02044

それに対して、ぴっちりと貼り付いた服と丸見えな太腿やお尻が何とも扇情的。

Dsc02047

刀や注連縄などの装飾品も文句なしのクオリティで満足。

Dsc02049

お気に入りのぐつぐつさんと。アニメだと毎回あだ名が変わって結構ひどい仕打ちだった気がw

Dsc02050

以上、アルター 百花繚乱 柳生十兵衛のレビューでした。

▼【評価】

2009年10月、2010年8月発売ときて、凡そ3年ぶりとなる再々販。
TV第二期も最近までやっていたこともあり、白銀の剣姫Ver.も出るということで持っていなかった自分としてはタイムリーな再版でした。
製品自体は凡そ4年前のものですが、それを感じさせないほどクオリティが高く、Niθ氏のイラストを再現した素晴らしいものになっています。
次の前田慶治と白銀の剣姫Ver.(ノーマル/煌き)はもちろん予約済み。
白銀の剣姫はせめて同時発表だったら後者だけで済んだものを...

|

« グッドスマイルカンパニー 鏡音リン・レン・アペンド ねんどろいど 鏡音リン・アペンド&鏡音レン・アペンド | トップページ | アルター 朧村正 紺菊 »

アルター/アルタイル」カテゴリの記事

スケールフィギュア」カテゴリの記事

コメント

更新お疲れ様ですー!
うむ、素晴らしいですなぁ(´Д`*)自分もフィギュア集め始めた頃にはもう2万円前後の価格がついていたので、この再々販は思いがけない幸運でした。
このワカメちゃん的なパンチラはそそられますね、肉付き(とくに太腿)もすごく好みです。
実はアルター十兵衛のレビューをしっかり見るのは今回が初めてなのですが、見れば見るほど本当一つ一つの装飾品の精度が高くて驚いてます。
頭部の紐・胸の紐なんて箱越しに見て一瞬「本物の紐!?」と思っちゃいましたし、腰の鼓は箱からは見えなかったのでこのレビュー中にしっかり見てみてそのクオリティに感激・・・。
刀に巻きつかれてる赤い紐にちょっと黒が混じってるところとかも、些細なところですが改めてすごいなぁと思っちゃいました。
僕はこの十兵衛を6000円ちょっとで予約購入したのですが、むしろもっと払っても良いぐらいに感じましたね(ノ∀`)
って長々と語ってしまってすみません>< とにかくこちらのレビューを拝見し、ますます開封して飾るのが楽しみになりました!

投稿: パン粉 | 2013年7月 6日 (土) 06時52分

早速のコメント有難うございます!

私も当時ぐつぐつさんを何とか入手して他のも・・・と思ったんですが、どれも高くて;;
このシリーズはまだ3体目なのですが、ホントにどれも肉付き&小物のクオリティが素晴らしい!
本物!?と思うものやそこまで作り込むの!?といったものが多くて、見ていて本当に飽きないです。
次はより派手に魅力的になった剣姫Ver.が出るようなので今から楽しみです。

投稿: 蘇芳(管理人) | 2013年7月 7日 (日) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91246/57732153

この記事へのトラックバック一覧です: アルター 百花繚乱 柳生十兵衛:

« グッドスマイルカンパニー 鏡音リン・レン・アペンド ねんどろいど 鏡音リン・アペンド&鏡音レン・アペンド | トップページ | アルター 朧村正 紺菊 »