« アルター ストライクウィッチーズ2 ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ | トップページ | アルター シャイニング・ブレイド ミスティ »

2013年6月18日 (火)

リボルテックヤマグチ No.133 ハンター男剣士 ジンオウシリーズ

Dsc01564

リボルテックヤマグチ No.133 ハンター男剣士 ジンオウシリーズのレビューです

▼【製品概要】 

  作品名   ◆ 「モンスターハンターポータブル3rd」
  スケール  ◆ 全高:約145mm    
 原型製作 ◆ 松浦健   
 価格      ◆ 4,280円(税込)

『モンスターハンターポータブル3rd』『モンスターハンター3G』より。
雷狼竜ジンオウガの素材を使用して作成された、ハンター(男剣士)用装備“ジンオウシリーズ”がリボルテックシリーズで登場。

▼【パッケージ】

Dsc01481Dsc01482

シリーズ共通のパッケージデザイン。

▼【内容】

Dsc01483

本体
王刀ライキリ(抜刀時)×1
王刀ライキリ(装備時)×1
王双刃ハタタカミ(左右)×1組
オプションハンド×5
エフェクトベース×1
姿勢補助スタンド×1
ディスプレイスタンド&延長部品×1

▼【全体】

Dsc01485Dsc01486Dsc01487Dsc01488Dsc01489Dsc01490Dsc01491Dsc01492

ジンオウガの素材を使った一式装備。鎧武者を彷彿とさせるデザインと随所に見られるジンオウガの角や爪が力強さを感じさせます。
塗装精度は良くも悪くもこれまでのリボルテックシリーズと同様ですが、ことハンターにおいてはこの粗さがいい味を出しています。

▼【詳細】

Dsc01493Dsc01494Dsc01496Dsc01497Dsc01499Dsc01500

[ジンオウヘルム]
正に雄々しいといった雰囲気の頭部。尖角を使った角飾りや高電毛の辮髪なども再現。

Dsc01503Dsc01502Dsc01504Dsc01505

スネークなどと同様にリボジョイントが二重で仕込まれているので、上下の可動範囲はかなり広め。
逆に左右への可動は襟部分が兜に干渉するので今一つ。また辮髪は途中にジョイントが仕込まれているので表情付けが出来ます。

Dsc01511Dsc01506Dsc01508Dsc01509Dsc01514Dsc01512

[ジンオウメイル]
鎧武者の甲冑を思わせる紐や鋼もしっかり再現。レウスシリーズに比べると鋼部分の露出は少なめですね。
上体の可動範囲ですが、背中のデザイン上、反らすのは苦手。逆に前屈はかなり深くまで行けます。

Dsc01517Dsc01515Dsc01518Dsc01516Dsc01519Dsc01520

[ジンオウアーム]
ジンオウシリーズの中でも一際目を惹くのが、この左右でデザインの異なるジンオウアーム。
尖爪、高電殻、高電毛をふんだんに使うだけあって、尋常ではない膂力を誇るジンオウガの前脚を彷彿とさせます。
肩アーマーは独立して可動する為、大きな見た目に反して可動の妨げにはなりません。肘もそれなりに曲がるので武器の両手持ちも余裕。

Dsc01524Dsc01527 Dsc01525Dsc01529

[ジンオウフォールド]
堅殻の他、尻尾を使用した腰部分。左右や背面の腰当がそうでしょうか?
背面には穴が開いており、スネークと同じく姿勢補助用スタンドが取り付けられます。
(武器持ちのアクションフィギュアなので、姿勢補助用スタンド付属は地味に有難いです)

Dsc01530Dsc01533Dsc01531Dsc01532Dsc01534Dsc01535

[ジンオウグリーヴ]
ジンオウアーム同様、左右でデザインの異なる脚部。右足だけでもかなり攻撃力がありそうです。
腰当が小さ目のデザインということもあって可動範囲は良好。

Dsc01536Dsc01538

[太刀/王刀ライキリ]
ジンオウシリーズが鎧武者っぽいデザインだけあって、太刀を背負った姿がよく似合います。

Dsc01542Dsc01543Dsc01539Dsc01540Dsc01541Dsc01550

王刀ライキリは納刀・抜刀の二種類が付属。また納刀時の柄は抜刀ポーズに合わせて取り外しが可能。
鞘はリボ球で背中に固定する方式。ダブルジョイントなので向きや角度などはある程度調整できます。
個人的には気刃斬り発動時の鍔が開いた状態やエフェクトなんかも付けてほしかったですね。

Dsc01545Dsc01546

[双剣/王双刃ハタタカミ]
双剣は納刀の仕方がコンパクトなので、シルエットは武器なし状態とあまり変わらず。

Dsc01549Dsc01554Dsc01551Dsc01553Dsc01547Dsc01548

左右でデザインの異なる双剣。鬼神化の時に刃が移動するギミックも差し替えで再現可能という拘りよう。
残念なのは納刀時の本体への接続方法ですかね。ダブルジョイントに柄を引っかけるだけという何とも雑な作りに。
双剣同士の接続もリボジョイントなので、横から見ると結構違和感が。

▼【ギャラリー】

Dsc01555_2

突き

ジンオウシリーズは雷属性攻撃強化+1、業物、力の解放+1、挑発
と流石に看板モンスターの防具だけあってかなり優秀なスキルが揃ってました。

Dsc01556

斬り上げ

特に初出のMHP3では雷が弱点のモンスターも多く、更には特定の条件を満たす大幅に強化される「力の解放」が魅力的。

Dsc01558

縦斬り

この防具を作るために何体ジンオウガを乱獲したことか...

Dsc01559

気刃斬り

今回付属の太刀は、ガンランスに次いで管理人の使用回数が多い武器。

Dsc01560

気刃大回転斬り

如何に気刃斬りを効率よく当てて、ゲージを維持するかがポイント。みんなでやる時は位置取りも大事です。

Dsc01573

装備交換例

当然ながらリボジョイントの規格は同じなので、モンハンお馴染みの組み合わせ装備も可能。色々組み合わせたいので今後の展開に期待。

Dsc01565

二段斬り

太刀ほどではないですが、双剣も結構な頻度で使用しています。

Dsc01569

斬り返し

双剣は切り返しの速さから、手数の多さが魅力的な超攻撃特化型の武器。

Dsc01570

車輪斬り

懐に飛び込んで、双剣で乱舞するのはかなり爽快感があります。

Dsc01571

鬼人化!

鬼人化に加え、鬼人強化も付与されたりと12種の武器の中でも結構優遇されている気が。

Dsc01567

以上、リボルテックヤマグチ No.133 ハンター男剣士 ジンオウシリーズのレビューでした。

▼【評価】

レウスシリーズに続き、MHP3rdの看板モンスター・ジンオウガから作成したジンオウシリーズが登場。
レウス&リオソウルと違い(ジンオウはG級防具のXシリーズにならない限り)、色変え(亜種)が存在しない為、一種類のみの販売ですが
クオリティも高く、ボリュームのある防具に加え、個人的に使用頻度が高い太刀と双剣が付属してくれたので非常に満足でした。
まだ立体化されていない武器や、ガンナー防具、女性用防具など挙げればキリがありませんが、
モンハンお馴染みの防具の組み合わせにも幅が出てプレイバリューも高まるので、今後の展開に期待したいところです。

|

« アルター ストライクウィッチーズ2 ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ | トップページ | アルター シャイニング・ブレイド ミスティ »

モンスターハンター」カテゴリの記事

リボルテック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91246/57608015

この記事へのトラックバック一覧です: リボルテックヤマグチ No.133 ハンター男剣士 ジンオウシリーズ:

« アルター ストライクウィッチーズ2 ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ | トップページ | アルター シャイニング・ブレイド ミスティ »