« アルター 百花繚乱 直江兼続 | トップページ | 【モンハン部限定】CFBクリエイターズモデル 砕竜 ブラキディオス 怒り »

2012年10月 2日 (火)

リボルテックヤマグチ No.123 ハンター男剣士 レウスシリーズ

Dsc06855

リボルテックヤマグチ No.123 ハンター男剣士 レウスシリーズのレビューです

▼【製品概要】 

  作品名   ◆ 「モンスターハンター」
  スケール  ◆ 全高:約140mm    
 可動指揮 ◆ 山口勝久    
 原型製作 ◆ 松浦健   
 価格      ◆ 3,480円(税込)

『モンスターハンター』より、ハンター男剣士のレウス装備がリボルテックで登場。

▼【パッケージ】

Dsc06800Dsc06801

シリーズ共通のパッケージ装丁。

▼【内容】

Dsc06802

本体・各種手首・炎剣リオレウス・イフリートマロウ(片手剣&盾)
エフェクトベース・ディスプレイスタンド・リボコンテナ

▼【全体】

Dsc06803Dsc06804Dsc06806Dsc06807Dsc06808Dsc06809

MHシリーズではお馴染みのレウスシリーズ。
鎧ということもあってリボ関節はそれほど目立たず、プロポーションも良好。

▼【詳細】

Dsc06811Dsc06810Dsc06812Dsc06813

トサカやバイザーの金属部分など見事な再現具合。塗装も良好です。
そのままだと兜の後ろが出っ張っているので大きく左右には振れませんが、
首の部分が二重関節になっているので可動領域を広げることができます。

Dsc06814Dsc06815

金属部分の質感が非常にリアル。背中には大剣を接続するためのリボジョイントが。

Dsc06816Dsc06817Dsc06818Dsc06819

大きく突き出た肩アーマーは小さいリボジョイントで接続されているので、かなり自由に動かせます。
肩や肘の可動範囲もかなりのもの。

Dsc06820Dsc06821Dsc06822Dsc06823

両サイドのポーチもしっかり再現。サイドとリアアーマーは途中にリボジョイントが仕込んであるので可動します。

Dsc06824Dsc06825

太腿や膝の可動範囲はかなりのもので膝立ちも余裕。
ただ足首は割と狭いので接地性は今一つ。素立ちさせるにも一苦労です。

Dsc06827Dsc06829Dsc06828Dsc06830

大剣“炎剣リオレウス”と片手剣“イフリートマロウ”。どちらもかなりの高クオリティ。
武器用の持ち手が付属しているので保持力は問題なし。

▼【ギャラリー】

Dsc06835Dsc06836Dsc06838Dsc06839Dsc06840Dsc06841Dsc06842_2Dsc06843Dsc06844Dsc06846Dsc06847Dsc06848Dsc06849Dsc06850Dsc06851Dsc06852

アクション一覧

あいさつ・おじぎ・うなずく・首を振る
手を振る・拍手・かけごえ・ゆびさし
落ち込む・悔しがる・くつろぐ・シャドウ
挑発・装備披露・ステップ・踊る

Dsc06831

斬り下ろし

Dsc06833

盾攻撃

Dsc06834_2

ジャンプ斬り

Dsc06854

溜め斬り

Dsc06858

ガード

Dsc06856

縦斬り

Dsc06859

村★5「ラギアクルスを仕留めろ!」に挑戦!!で締め。

▼【評価】

以上、リボルテックヤマグチ No.123 ハンター男剣士 レウスシリーズのレビューでした。
MH3Gの限定版付属のラギアシリーズを除くと、まともな大きさの可動ハンターは今回が初。
クオリティ・可動ともに申し分なく、非常に満足できる逸品でした。
今のところモンスターもハンターも続報がない状態ですが、
出来ればジンオウシリーズやブラキシリーズなど看板モンスターの装備は出してほしいところです。

|

« アルター 百花繚乱 直江兼続 | トップページ | 【モンハン部限定】CFBクリエイターズモデル 砕竜 ブラキディオス 怒り »

モンスターハンター」カテゴリの記事

リボルテック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91246/55794538

この記事へのトラックバック一覧です: リボルテックヤマグチ No.123 ハンター男剣士 レウスシリーズ:

« アルター 百花繚乱 直江兼続 | トップページ | 【モンハン部限定】CFBクリエイターズモデル 砕竜 ブラキディオス 怒り »