« Max Factory キャラクター・ボーカル・シリーズ03 巡音ルカ 巡音ルカ Tony ver. | トップページ | スーパーロボット超合金 マイトガイン »

2012年8月10日 (金)

カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンターvol.5

Dsc06019

カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンターvol.5のレビューです

▼【製品概要】 

  作品名   ◆  モンスターハンター
  スケール  ◆ 彩色済フィギュア:全高約5-10cm/台座:約8.5cm    
 商品仕様 ◆ 彩色済みフィギュア+台座(丸)/全9種   
 販売元   ◆ カプコン   
 価格      ◆ ¥6,143(税込)

▼【パッケージ】

Dsc05957Dsc05958Dsc05959Dsc05960

1ボックス9個入り。外箱の蓋を開けるとアグナがずらりと・・・。

▼【アグナコトル】【アグナコトル亜種】

Dsc05961Dsc05963

“炎戈竜”アグナコトル。超造形魂のものより大きく、迫力があります。
溶岩部分はクリアパーツで作られており、光を通すので非常に綺麗。

Dsc05964Dsc05965Dsc05966Dsc05967

嘴や尻尾のクリアパーツが非常に秀逸。恐らく今回の中で一番の出来かと。

Dsc05968Dsc05969

“凍戈竜”アグナコトル亜種。こちらは初の立体化。
原種と同様、氷はクリアパーツを使用。

Dsc05970Dsc05971Dsc05972Dsc05973

氷だからか原種に比べてクリアパーツの透明度は低め。

▼【ベリオロス】【ベリオロス亜種】

Dsc05974Dsc05975

“氷牙竜”ベリオロス。超造形魂・生態図鑑に続き3度目の立体化。
今までのものに比べて、かなり動きのあるポージング。

Dsc05976Dsc05977Dsc05979Dsc05978

サイズの問題か瞳はなく、出来はそれなりといった感じ。

Dsc05980Dsc05981

“風牙竜”ベリオロス亜種。こちらは初立体化。砂原に生息ということでかなり派手な色。

Dsc05982Dsc05983Dsc05984Dsc05985

保護用のブリスターが入っていたものの、牙や棘部分に癖がついていたのは残念。 

▼【ガノトトス】【ガノトトス亜種】

Dsc05986Dsc05987

“水竜”ガノトトス。超造形魂に続き、2度目の立体化。
水流ブレス直前という感じでかなり動きのあるポージング。

Dsc05988Dsc05989Dsc05990Dsc05991

パール塗装で魚竜種らしい滑りのある光沢を再現。

Dsc05992Dsc05994

“翠水竜”ガノトトス亜種。原種同様2度目の立体化。

Dsc05995Dsc05989_2Dsc05998Dsc05997

原種のようなパール塗装ではないものの、こちらも光沢のある塗装でかなり綺麗。

▼【リオレウス】【リオレウス亜種】【リオレウス希少種】

Dsc06011Dsc06012

“火竜”リオレウス。CFBシリーズでまさかの2度目の立体化。
空中尻尾攻撃中?での立体化で、CFB1弾のものより少し大きめ。

Dsc06013Dsc06014Dsc06015Dsc06016

ゲームより赤の色がややキツめ。クリエイターズといいリボといい、どうしてこの色になるのか・・・。

Dsc06005Dsc06006

“蒼火竜”リオレウス亜種。画像ではやや明るめの青ですが、実物はもう少し暗めです。

Dsc06007Dsc06008Dsc06009Dsc06010

第1弾よりはクオリティも高く、動きがあっていい感じ。

Dsc05999Dsc06000

“銀火竜”リオレウス希少種。上2匹と合わせて2度目の立体化。

Dsc06001Dsc06002Dsc06004Dsc06003

ツヤを抑えた銀塗装なので、原種亜種と比べるとやや地味。

▼【配置】

Dsc06017

自分の購入したBOXの配置。モンスターごとに固まっている感じです。
(あくまでも1例でランダムの可能性大。参考にするかは自己責任で)

▼【ギャラリー】

Dsc06021_2

★8 カウンターバランス 陸の闘技場

この闘技場クエにガンナー装備で行って、瞬殺された苦い記憶が・・・orz

Dsc06022

★6 ≪高難度≫双魚竜 水没林(昼)

水中になると面倒な相手ですが、仲間に上手いガンナーさんがいると途端にただの的に。

Dsc06023

★8 塵雪の乱気流 陸の闘技場

ベリオロスはG級でも慣れてしまえば0分針で行けるのですが、G級亜種は竜巻が苦手;

Dsc06025_2

そういえばリオレウスとリオレウス亜種の同時狩猟はなかったような・・・。

Dsc06026

★8 白銀の火輪 塔(昼)

MHP3の時は剣士でもガンナーでも割と楽に狩れたんですが、MH3Gは塔での狩猟なので捕獲が面倒でした。

▼【評価】

以上、カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンターvol.5のレビューでした。

殆どが過去に立体化したモンスターだった為、ラインナップに面白味はありませんが
ポーズが一新されていたり、アグナのようにクリアパーツが使われていたりとクオリティも非常に高く、
過去のものを持っていてもかなり満足できました。
次回は待ちに待ったリオレイア3種に加え、ウラガンキン2種、ジンオウガ2種、そしてラギアクルス原種&希少種というラインナップ。
MH3G勢もだいぶ揃ってきたので、MH4に行く前にナバルやジエンなどの大型系も出してほしいところです。

|

« Max Factory キャラクター・ボーカル・シリーズ03 巡音ルカ 巡音ルカ Tony ver. | トップページ | スーパーロボット超合金 マイトガイン »

モンスターハンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91246/55389139

この記事へのトラックバック一覧です: カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンターvol.5:

« Max Factory キャラクター・ボーカル・シリーズ03 巡音ルカ 巡音ルカ Tony ver. | トップページ | スーパーロボット超合金 マイトガイン »