« 当ブログについて | トップページ | アニメ『京騒戯画』プレミアム先行上映会(12/5追記) »

2011年12月 4日 (日)

きゅんキャラ『京騒戯画-コト-』

Dsc02933_2

きゅんキャラ『京騒戯画-コト-』のレビューはこちら。

東映アニメーションとバンプレストの初タッグで制作されたアニメ『京騒戯画』
「外界から隔絶され、日本の中にありながら独自の発展を遂げた箱庭のような空間、「鏡都」。
それはもしかして、和紙一枚隔てたところに存在していたりする のかもしれない---。
ひょんなことからそんな世界に迷い込んでしまった女子中学生・コト。
妖怪と人間が入り交じった不思議な町で、いま、ひとつの祭が始 まろうとしていた!」
(パッケージ記載のストーリーより)
そのヒロイン“コト”がきゅんキャラとして登場。

Dsc02929Dsc02930

【パッケージ】
プライズ品でかなり小さな箱。側面や裏面には宣伝が。
先行払い出しの為かアームの保持力がかなり強く、自分でも一回(\100)でゲットできました。

Dsc02932Dsc02935

【全身】
プライズという割には造形・塗装共に精度が高く、かなりの高クオリティ。
これで一回100円は安すぎるくらい。
おさげやハンマーのバランスのせいか台座なしで自立は結構厳しめ。

Dsc02938Dsc02940

【頭部】
眠そうな半眼に不敵な笑みを浮かべた口元と実にコトらしい造形。
頭部は軸接続なので左右に動かすことが可能です。

Dsc02936Dsc02937

【ハンマー】
コトの主武装であるハンマー。
監督曰く「スノーボールの入っているボールペン」をイメージしたそうですが
それを見事に立体化するバンプレストも凄い。
柄の先端にはちゃんとパクパク&ゲジゲジのストラップ付。このサイズにして造形も抜かりなし。

Dsc02941Dsc02943

【台座】
ハンマーの中の球をイメージした円が連なる変わった形の台座。
「京騒戯画」のロゴやマークもちゃんと入っています。
きゅんキャラはこれで2体目ですが頭部固定用のこのアームは不要な気が・・・見栄えもよくないですし。

Dsc02945Dsc02946

デフォルメながらコトらしさがよく出ています。
なによりハンマーが綺麗というか再現度が半端ない。

Dsc02947

以上、きゅんキャラ『京騒戯画-コト-』のレビューでした。

冒頭からハンマー使って無双状態の元気系キャラで印象的だったコトが最速で立体化されたのは嬉しい限り。
クオリティも文句なしで普通に販売しても問題ないレベルかと。
次は1番くじでスケールフィギュアが出ますのでそっちも是非手に入れたいところ。

|

« 当ブログについて | トップページ | アニメ『京騒戯画』プレミアム先行上映会(12/5追記) »

その他玩具・フィギュア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91246/53407437

この記事へのトラックバック一覧です: きゅんキャラ『京騒戯画-コト-』:

« 当ブログについて | トップページ | アニメ『京騒戯画』プレミアム先行上映会(12/5追記) »